句集

東京四季出版の各メニュー ホーム 月刊俳句四季 句集 評論・エッセイ 全句集・合同句集・ほか 出版の手引き


現代俳句作家シリーズ・耀 2017.10〜
実力俳句作家シリーズ・凜 2016.5〜 オリジナル句集 2008〜
俳句四季創刊30周年記念出版・歳華シリーズ 2012.8〜 俳句四季文庫 2010.4〜
俳句四季創刊30周年記念出版・篁シリーズ 2012.7〜2016.4 浅井愼平句集 1993〜
現代俳句作家シリーズ・新樹集 2010.11〜2012.5 21世紀俳句叢書・彩光集 2009.4〜2011.9
四季現代叢書 2007.3〜2009.11 四季コレクション 2010.8〜2012.4(第一期)
現代俳句作家シリーズ・陽光集 2007.11〜2012.6 現代俳句作家シリーズ・星雲集 2009.3〜2012.4
現代俳句作家シリーズ・明星集 2007.8〜2008.9


『馬込百坂』石川笙児句集・新樹集5

馬込百坂

四六判・上製本函入り装・226p・定価2571円+税
2012年5月17日発行/ISBN978-4-8129-0646-0
扉カット・石川尚子/写真・大田区提供
さへづりや馬込百坂百の谷
この句は、本句集の題名になった句であるが、
「馬込」は石川さんの第二の故郷でもある品川、大田からも近く、
仕事や日常生活でも慣れ親しんでいる地であり、
第二の故郷となった土地への挨拶句でもある。__能村研三・序より

『熊啄木鳥』岩田秀夫句集・新樹集4

熊啄木鳥

四六判・上製本函入り装・192p・定価2700円+税
2011年8月1日発行/ISBN978-4-8129-0645-3
装幀・宮崎十間
熊啄木鳥の棲むてふ山の水の秋
著者は北津軽の五所川原に生まれた。口数の少ない篤実な人柄である。
25年前に加藤耕子主宰「耕」に入会し、すでに句集『岩木嶺』『津軽』
を上梓している。第三句集となった『熊啄木鳥』は白神山地を代表する
キツツキの一種である。

『等高線』山田和夫句集・新樹集3

等高線

四六判・上製本カバー装・192p・定価2600円+税
2011年4月1日発行/ISBN978-4-8129-0644-6
装幀・宮崎十間
足のおもむくまま、各地、各山嶽へ登って得られた感動が
この『等高線』の一冊に詰まっている。読者は著者に表現
された各地を文字の上から楽しんで頂くのもよいと思う。
__伊藤敬子・序より

『遠眼差し』尾田フジ子句集・新樹集2

遠眼差し

四六判・上製本カバー装・184p・定価2600円+税
2011年2月13日発行/ISBN978-4-8129-0643-9
装幀・宮崎十間
この冬晴れを被災地に送りたき
本書を精読すると、著者の遠眼差しにつつまれたこの世のいっさいが
幸せ感につつまれる。それもこれも著者の無垢な俳精神が、
そうさせるのである。__大牧  広・「序文」より

『夢見の鐘』松下八重美句集・新樹集1

夢見の鐘

四六判・上製本函入装・202p・定価2700円+税
2010年11月20日発行/ISBN978-4-8129-0642-2
装幀・宮崎十間
百の目に摘み残されし蕨かな
景(こと、もの)を素直に見つめ、ひたすら自然体で詠むのが
松下八重美俳句の身上。そこに彼女ならではの「精神の風景と存在の詩」
がある。__高橋将夫・「序にかえて」より




ページ先頭へ